ゼニカルの効果・副作用と簡単にダイエットする方法をご紹介!

肥満の定義

食生活の乱れている肥満の男

「肥満」という言葉を耳にして、いい気がする人はいないでしょう。今は他人事のように思っている人もいるかもしれませんが、年をとるにつれて脂肪も落ちにくくなると言いますよね?実際、肥満による問題を抱えている人は若い人よりも40代以上が多いのです。

近年の日本では、肥満に対する見方が大きく変わってきています。「メタボリックシンドローム」という言葉が一時期世間を賑わせました。ある種の社会現象にもなり、「メタボ検診」というものまで出来るようになりました。肥満が深刻な問題として捉えられるようになったのです。

肥満かどうかを簡単に調べることが出来るのが「腹囲の数値」です。男性は85㎝以上、女性は90㎝以上が肥満というものです。この腹囲で内臓脂肪の量が分かるということもあり、簡単な方法として知られています。

また、「BMI」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。これも非常に簡単に計算できます。計算式としては「BMI=体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)」です。この数値が18.5以上25未満であれば標準体重、それ以下なら低体重、それ以上なら肥満というものです。

しかし、腹囲だけでは判断できないこともありますし、筋肉量が多くて体重が重い人もいる、ということもあって、これら2つをクリアするとメタボ疑惑がかかってしまう、というような判定方法になっています。自宅でも簡単に調べることが出来るので、もしかしたら…という人はやってみるといいでしょう。

病気の原因にもなりうる肥満

肥満の影響を指摘する医者

肥満である、ということに対して危険に思っていない人も多いと思います。しかし、肥満は病気の原因になるとても危険な状態なのです。生活習慣病、という言葉を聞いたことのない人はいないでしょう。生活習慣病というのは、高血圧、糖尿病、脂質異常症があります。これらはもれなく肥満が病気を引き起こす要因になるのです。

また、日本人の死因として悪性新生物に次いで多い心疾患や脳血管疾患も肥満が原因になります。肥満によって血管が詰まりやすくなるので、全身に酸素や栄養分が行き届かないことで、身体中のあちこちに悪影響を及ぼすのです。太っている、という状態は、実はかなり負担をかけているのです。

他にも、睡眠時無呼吸症候群というのも肥満の人に多い症状です。その名の通り、寝ている間に呼吸が止まってしまう、という症候群です。ある一定時間止まり、その後激しく呼吸をし、というのをほとんどの場合は繰り返しますが、最悪の場合にはそのまま呼吸が止まってしまうこともあるとても危険な症候群なのです。

女性の場合には、月経異常や妊娠合併症にもなる可能性があります。将来、子どもを出産する時に大変な目にあってしまうこともあるので、肥満は早急に対処しておくべきです。

肥満になりにくい身体とは

暑さで汗をかいている男

自分よりも多くの食事を摂っているはずなのに、何故か痩せている…そんな人周りにいませんか?あの人と自分、なにがどう違うのだろう…という悩みを抱えたことのある人も多いでしょう。たくさん食べているはずなのに全く太っていない人、というのはその人自身元々代謝がよく、脂肪が吸収されにくい身体である、というのが一番の理由です。代謝が良いと食べた分はほとんど脂肪として付くのではなく、エネルギーに変換されます。便秘なども起こりにくいという特徴もあります。

ということは、もう生まれた時には太りやすいのか、太りにくいのかは決定しているからどうしようもないのか、ということを思ってしまいますよね?しかし、そんなことはありません。太りにくい身体作りは出来るのです。そのために、まず筋肉量を増やすことから始めましょう。特に、一番大きな筋肉の大腿筋を鍛えると効果的です。筋肉が働く際に、エネルギーが必要になります。つまり、身体に筋肉がついていれば、日常生活をただ何気なく送っているだけでも脂肪をエネルギーに変換して消費してくれる、ということなのです。

さすがにムキムキになるのはちょっと…という人は、有酸素運動がオススメです。1駅分

歩いてみる、とか、休みの日にジョギングをする、ということを続けるだけでも脂肪燃焼にはかなり効果的です。

ストレッチでもなんでもいいので、まずは何かを始めて継続する、ということが肥満になりにくい身体作りに繋がるのです。

肥満に効果的な薬

肥満を治療する薬・ゼニカル

ゼニカルのパッケージとシート

ゼニカルとは、ロシュという製薬会社が製造した肥満治療薬です。肥満治療薬、というのはあまり聞き馴染みがない人もいるのではないでしょうか。というのも、日本ではダイエットにはサプリメントが主に利用されているからです。脂肪や糖分の吸収を防ぐサプリメント、便の排出を促すサプリメント、食事に足らない栄養素を補うサプリメント、などがダイエットサプリメントとして女性を中心に人気があります。しかし、あくまでもサプリメントなので、人によってはあまり効果が出ないことももちろんあります。また、サプリメントを飲んでいるから大丈夫!というように運動もせずにサプリメントに頼りきってしまい、最終的には体を壊してしまう、むしろ肥満が加速してしまう、なんてことも起こりうるのです。

肥満治療薬というものには2種類あります。脂肪吸収を抑える「脂肪吸収抑制剤」と、食欲自体を抑制させてしまう「食欲抑制剤」です。このゼニカルという肥満治療薬は、脂肪吸収抑制剤の方にあたります。過度の食事制限をしなくてもいい、ということで非常に人気の肥満治療薬なのです。

そしてこのゼニカルは、世界的にも有名な肥満治療薬なのです。アメリカの女優やモデルも愛用しているのです。やはり、人前に出る、人に見られるという仕事をしている以上、美しいスタイルでいるということは当たり前にクリアしなければならない最低ラインでもあるのでしょう。よく、アメリカの女優がちょっと見ない間に激太りしていたけれども、しばらくしたら元の姿に戻っている、なんてことよくありますよね?そういう人たちの中には、ゼニカルを使用してダイエットに成功した人もいるのです。特に、アメリカは肥満大国とも言われているので、一歩間違えれば全員が肥満になる可能性を秘めているともいえるのです。

日本の和食のようにヘルシーなものがあまりないアメリカでは、食事から脂肪分を摂ることは避けられないのでしょう。ということもあり、ゼニカルのように食事によって摂取してしまった余分な脂肪の吸収を阻害してくれる肥満治療薬はかなり重宝されるのです。肌荒れ等の副作用もないので、美貌をしっかりと保ったまま肥満を改善することが出来るのです。アメリカだけでなく、日本の女優やモデル、現役のボクサーなんかもゼニカルを服用しているようです。最近ではメディアやSNSなどでも取り上げられることが多く、とても話題になっている肥満治療薬なのです。有名な女優やモデルが太鼓判を押す肥満治療薬なので、その効果に関してはかなり期待できるでしょう。

ゼニカルの効果

ゼニカルの効果を説明する医者

世界的に人気のある肥満治療薬・ゼニカルを服用する人はどんな効果を期待して服用しているのか、というところが気になるところでしょう。近年の女性、特に日本人女性の肥満に対する考え方というのはかなり間違っている傾向にあります。ちょっとお腹に肉がついてしまうだけでも肥満、標準体重を下回っていないと肥満、というように思ってしまっている人が多いのです。しかし、この肥満治療薬・ゼニカルは、あくまでも肥満治療薬なので、ダイエットサプリのようには摂取すべき薬ではない、ということです。肥満、と認定されてしまった人が肥満症を改善していくために使用する薬なのです。

このゼニカルの主な効果は、食事で摂取してしまった脂肪やカロリーの吸収を防ぐ、というものです。肥満の人の食生活に関してはテレビなどでも見たことはあるかもしれませんが、人の何倍もの量の食事を取ります。それを急に「今日から普通の人と同じ摂取量にしなさい」と言ったところで、そうそう出来るものではありません。急激に食事を減らしたことがストレスになってしまい、食欲が爆発してしまう危険性もあるので徐々に減らしていく、というのが理想の肥満改善法です。しかし、それでは脂肪分も摂取カロリーも多すぎる、ということでゼニカルを使用するのです。ゼニカルは、摂取した脂肪やカロリーを約30%もカットしてくれるのです。なので、ゼニカルを服用しつつ、食事を徐々に標準量に戻していけば、無理することなく肥満は改善できるのです。

作用機序

ゼニカルの効果を保証する医者

ゼニカルの効果はわかったものの、なぜそういう働きをするのか、と疑問に思う人もいるでしょう。

ゼニカルの主成分は「オーリスタット」というもので、このオーリスタットはリパーゼ阻害剤というものになります。オーリスタットは腸内にある脂肪を解消するリパーゼに作用し、脂肪の吸収を阻害する働きがあります。リパーゼというのは、食事によって摂取した脂質を消化器官でも吸収できるような大きさまで分解する働きをもつ消化酵素のことです。つまり、リパーゼが活発に働いてしまうことによって、脂質はどんどん分解され、体内に取り込まれてしまうのです。そのリパーゼとオーリスタットが結合することで、リパーゼの働きを阻害します。それによって脂質を分解させることなく、体外へ排出させることが可能なのです。しかも、ゼニカルは最も燃焼しにくい脂肪に特化しているので、糖質、たんぱく質など基礎代謝を維持するのに必要なものの吸収は阻害することがないので、健康を害することなく肥満を解消することが出来るのです。

用法用量

薬を服用する女性

ゼニカルは経口内服薬なので、普通の風邪薬などと同じように水かぬるま湯と一緒に、1日3回食事中、もしくは食後1時間以内に1錠服用します。最も効果を発揮するのが食事中から食後1時間以内なので、飲み忘れた!と気付いたのが3時間後だった、というような時にはもう手遅れです。ゼニカルは食事による脂肪の吸収を防ぐ薬なので、食事を取っていない時には服用する必要はありません。朝食をとらなかったから昼食後に2錠飲む、というような服用もしてはいけません。1回で1錠以上服用することは副作用を引き起こす危険性を高めるだけなので要注意です。しっかりと時間を空けて1日3錠服用することが一番効果の出やすい服用方法と言われているので、食事を抜くというようなことはなるべくしないようにしましょう。

また、脂質が低い時や低カロリー食の時にも服用する必要はありません。いつ飲むべきで、いつ飲まなくていいかの判断が難しいかもしれませんが、きちんと3食とっていれば問題なく毎食後服用してもいいので、食事はとるようにしましょう。

注意点を覚えておこう

服用する際の注意点

服用する際の注意点を指摘する医者

ゼニカルは、とにかく服用するタイミングが最も重要です。タイミングを間違えてしまうと効果が薄れてしまったり、効果が全く出なかったり、というようなことも起こりうるのです。忘れないように、と食前に飲むことも悪くはないですが、少し薬の効果が薄れることもあるかもしれないので、なるべく食事中または食後1時間以内は守るようにしましょう。効果が感じられなかったから、と何錠も服用することも禁止されています。1錠飲んでも3錠飲んでも、30%カットには変わりはありません。効果がその分大きくなる、というようなことはありません。

また、ゼニカルには併用禁忌薬というものがあります。併用禁忌薬というのは、ゼニカルと同時に服用することが禁止されている薬のことを言います。ゼニカルの併用禁忌薬は基本的に市販のものはなく、病院で処方されるものが多いのであまり危険視する必要はありませんが、臓器移植の経験がある人はゼニカルの服用は避けるようにしましょう。臓器移植の拒否反応を抑止する薬とゼニカルを同時に服用してしまうと、血漿レベルが低下してしまうかもしれないのです。血液が固まりやすくなる人が服用している薬も併用禁忌薬なので、これらに関係がありそうな薬を服用している人は、医師に相談してみるといいでしょう。

他にも、経口避妊薬(ピル)は併用禁忌ではないですが、時間を空けなければ避妊効果が擦れてしまうかもしれないので要注意です。

副作用

便意でピンチな状態の男

ゼニカルの副作用として最も多いのが排便に関する問題です。脂肪の排出を促す、ということはその分排便の量も増えます。それに伴い、腸には大きな変化が出てしまうのです。便自体が油によってとても緩くなっているので、便意のコントロールが効かなくなってしまうこともあります。下痢をしやすくなりますし、おならも出やすくなってしまいます。おならと同時に便が出てしまうこともありますし、脂質を分解することなく排出していることもあって、便が脂っぽくなってしまうこともあります。ふとしたタイミングで便が出てしまいそうになることもあるようなので、細心の注意を払って生活しなければならなくなります。

また、脂溶性ビタミン(A・D・E・K)の不足もゼニカルの副作用として多い例の1つです。脂肪分の吸収が悪くなると、脂に溶ける脂溶性ビタミンやカロテンも吸収されることなく排出されてしまうので、結果的に不足してしまうのです。脂溶性ビタミンは、元々不足してしまいがちな栄養素でもあるので、さらに吸収が阻害されてしまうと体調にも大きく悪影響が出てしまいます。とはいえ、脂溶性ビタミンやカロテンを排出してしまう以上に毎日食事から摂取する、というのは不可能でしょう。なので、どうしてもという時にはサプリメントで少し補うといいでしょう。

副作用が出ないようにするには

薬を服用する男

前述でも、副作用として出てしまう脂溶性ビタミンの欠乏を防ぐにはサプリメントが有効である、とありますが、もう一つ対処法があります。その方法というのは、ゼニカルを夜にしか飲まない、ということです。朝や昼にバランスの取れた食事をする、というのは難しい人もいると思います。会社勤めしている人は特にそうでしょう。朝は時間がないので適当にパンか何かを食べて出勤し、昼は会社の人と食べに行く、または近くのコンビニで買って食べる、というような人がほとんどだと思います。その食事では脂肪やカロリーを摂りすぎることはほぼないので、ゼニカルを服用する必要もないのです。つまり、朝と昼になるべく多くの脂溶性ビタミンを摂取しておけば、不足する心配はないのです。ゼニカルは食事中から食後1時間以内に最も活発になるので、それ以前に摂取したものには一切関与しないのです。なので、夜以外に脂溶性ビタミンを多く含むものを食べるようにしましょう。

また、大前提として用法用量はしっかり守ること。これは、副作用が出ないようにするための手段でもあります。服用するタイミング、量を守っていれば起こる可能性も下がります。効果を感じられなくて不安になる時もあるかもしれませんが、自己判断での服用はやめましょう。

稀に起こる副作用

稀に起こる副作用を指摘する医者

ゼニカルは、基本的に軽い副作用しか起こりませんが、たまに重度の副作用が起こることがあります。リスクとして高いのは、腎臓障害や肝臓障害です。手足がむくんでしまう、尿の量が減る、血尿が出る、というようなこともあれば、腎臓障害を起こしている疑いがあります。肝臓障害を起こしている疑いがある症状は、食欲が急になくなる、痒みが生じる、皮膚や眼球が黄色くなる、というようなものがあります。変化としてはかなり分かりやすいので、気付きも早いでしょう。

また、ゼニカル服用によってアレルギーを引き起こしてしまうこともあるようです。ゼニカルが身体に合っていない証拠なので、たとえ効果を感じることが出来たとしてもすぐに服用を中止しましょう。

どちらもごく稀なケースなのでほぼ起こることはないですが、仮にこれらの副作用が起こった場合には、病院に行って医師に相談するようにしましょう。放っておくと病気を発症する危険性もあるので、なるべく早く行くようにしましょう。

服用してはいけない人

服用してはいけない人を指摘する医者

ゼニカルは、妊娠中や授乳中の女性は服用してはいけません。というのも、安全性が確認されていないからです。子どもにも栄養分を分け与えてあげなければならないので、いつも以上の食事を取ってしまうこともあるでしょう。しかし、子どもを育てている間は太ってしまうことは気にしないようにしましょう。

また、胆石症や腎臓、肝臓に病気がある人も服用してはいけません。重度の副作用としても腎臓や肝臓に関するものがありましたが、元々病気を持っている人の場合には高確率で副作用が発症してしまいます。胆石症というのは、食事制限などをおこなうことで発症のリスクが高まるとも言われている病気です。食事制限をしながらゼニカルを服用すると、胆石症になってしまうリスクが1%上がってしまいます。胆石症にかかっている人がゼニカルを服用することで余計に症状が悪化してしまうこともあるので、避けるようにしましょう。

もちろん、アレルギーを発症してしまった人も服用はやめましょう。数年前に服用していた時にはアレルギーが出てしまったが、もう治っているはず!というような考えで服用してしまうと、重度の副作用を引き起こしてしまう原因にもなります。少しでも服用することに不安がある時には、服用は避けるようにしましょう。

他にも、急激なダイエットをしている人も要注意です。体重の変化に身体がついていかず、体調不良を起こす可能性があります。これはゼニカルの副作用というわけではありませんが、服用し始めてから体調が優れない、というような場合には念のために服用をやめるようにしましょう。

ゼニカルの購入方法

ゼニカルを購入する男

ゼニカルを手に入れる方法は2種類あります。

まずは病院やクリニックで処方してもらう、という方法です。ここで注意しなければならないのが、どの病院でもゼニカルを処方してもらえる、というわけではないということです。肥満やダイエットに関する専門医がいる病院でなければならないのです。なので、美容外科やクリニックに行くのが無難な方法でしょう。

しかし、ゼニカルは欲しいという人みんなに処方できる薬ではありません。腹囲やBMI値が基準値以上、というように肥満体質の条件を満たしていなければ処方されないのです。つまり、肥満症ではないと判断された場合には、今後どのように生活を改善するのか、などのアドバイスをしてもらってゼニカルを処方されることもなく診察終わり、となってしまうのです。軽めのダイエット目的や美容目的として利用しようと思っている人はゼニカルも手に入らないですし、無駄に診察料がかかってしまうだけ、という残念な結果になってしまうのです。

また、肥満治療薬として脂肪吸収抑制剤と食欲抑制剤とがある、という話をしましたが、かなり肥満が進行してしまっている人は食欲抑制剤の方を処方されることもあります。初めて服用する際には、服用方法や注意点などを詳しく説明してもらえるので、安心して服用できると思います。しかし、必ずしもゼニカルを処方してもらえるというわけではない、ということを知っておきましょう。

そしてもう一つの方法は、個人輸入で購入する、というものです。残念ながら、日本のドラッグストアではゼニカルは取り扱われていないのです。しかし、個人輸入を利用すればゼニカルを購入することが出来ます。わざわざ病院やクリニックに行く必要もありませんし、購入する際には処方箋も必要ありません。誰でも簡単に手に入るので、もちろん肥満症という診断をされていない人でもゼニカルを購入することが出来ます。しかも、自宅に居ながらにして購入することが出来るので、ゼニカルを購入しているところやクリニックに通院しているところを人に見られてしまうという心配もありません。こっそりと肥満を改善しよう、と思っている人にとっては最適の購入手段だと思います。

安全性が高いゼニカル

ゼニカルの120mg

ゼニカルの購入方法として病院やクリニックでの処方してもらう、というのがあるように、ゼニカルは非常に安全性が高い薬であるともいえます。実際の医療現場で取り入れられているほどの実績を持った肥満治療薬なので、効果に関しては心配することはないでしょう。

高確率で肥満症治療の際に処方されるので、肥満症に対しては非常に有効な薬である、といえるのです。

それでも不安…というような場合には個人輸入代行サイトの口コミを見てみるといいでしょう。ゼニカルを服用した人の感想が書き込まれているので、口コミを見るだけでも副作用などに対する心配や薬の安全性についての不安は軽減できるはずです。

個人輸入代行で購入

スマホサイトから購入する男

ゼニカルは、個人輸入という方法で購入できる、という話をしましたが、そもそも個人輸入とは何だ?と思う人ももちろんいるでしょう。個人輸入、というのはその名の通り、個人が海外の店から商品を輸入して手に入れる、ということです。日本のドラッグストアでは販売されていない医薬品が、海外のドラッグストアでは販売されている、というケースは多々あります。その医薬品を個人で使用することを目的としている場合には、海外医薬品を輸入することが許可されているのです。薬事法で禁止されている医薬品も存在しますが、ゼニカルは禁止されていないので、違法などの問題もなくゼニカルを輸入して購入することが出来ます。

個人輸入の形態としては、欲しい人が直接海外のメーカーなどに注文する方法と、代行業者に頼んで注文する方法の2種類があります。

前者の方法では、直接やり取りをすることになるので海外の言語が話せることが必須になります。アメリカの医薬品会社の商品を購入する際には、もちろん英語が必要になります。相手も自社の商品を輸出する、ということできちんとした人としか取り引きしたくはないと思います。それなのに、英語はたどたどしくあまり話せない、ましてや輸入方法に関して知識がない人がやってしまうとトラブルを引き起こす危険性が大いにあります。それだけでなく、海外の商品なので商品情報や注意事項、用法用量などはもちろん全て海外の言語になります。日本の医薬品の注意書きですら難しいのに、海外の医薬品の注意書きを間違えることなく理解する、ということはかなり困難を極めるでしょう。

しかし、後者の個人輸入代行業者を利用する場合には、海外メーカーとのやり取りは全て代行業者が担ってくれるので、知識が一切ない人でも簡単に購入することが出来ます。個人輸入代行サイトは、欲しい商品を探し、見つかったらカートに入れて、名前や住所などの必要事項を打ち込む、というように普通の通販サイトと同じような流れで商品を購入することが出来ます。商品情報などの重要な情報も、個人輸入代行サイト内では全て日本語で記載されているので安心です。つまり、インターネットさえ繋がっていればいつでもどこでも海外医薬品を注文することが出来る、ということなのです。商品購入の手間もかかりませんし、言語トラブルが起きてしまうこともありません。個人輸入代行ではとても簡単に海外医薬品が手に入ってしまうので、利用して損することはないでしょう。

個人輸入代行を利用する際に注意しなければならないのは、届くまでの時間です。海外医薬品なので、日本の通販サイトのように頼んだ翌日に届く、というようなことはほぼありません。短くても注文日から1週間はかかるかもしれない、ということを頭に入れておきましょう。

病院処方の相場

ゼニカルを処方する医者

発熱や病気、怪我の場合には、保険が適用するので治療費などはかなり安くなっていますが、ゼニカルを処方する場合には保険が適用されません。過度の肥満で生活に支障をきたしてしまっている場合には保険が適用されることがありますが、そうなるとゼニカルではなく食欲抑制剤が処方されてしまうのです。つまり、ゼニカルを処方してもらえた場合には、診察料から何から全て全額負担になるのです。となると、ゼニカルを病院で処方してもらった場合、いくらくらいかかるのだろう…と思いませんか?

病院に行く、となるとまず初診料で1000円から3000円程度かかってしまいます。また、指導料としてもいくらか取られてしまう場合もあります。初期費用としてもかなりかかります。そして、ゼニカルは病院ごとに値段は変化しますが、カプセル1錠あたり400円前後が相場となっています。さらに、診察結果によって医師が処方する量を決定するので、処方される量を受診者自身が決めることは出来ません。追加でゼニカルを貰おうと思った場合には、処方された分が飲み終わってから病院に診察に行かなければならないので、再診料などの費用がまたかかってしまうことになります。ただゼニカルだけを購入する、ということは出来ないのです。

病院処方より個人輸入はお得

個人輸入でお得感を感じている男

病院処方では、なにかと費用がかさんでしまいます。しかし、個人輸入を利用すれば、もちろん診察料などの費用はかかりません。用意するのはゼニカルの料金だけでいいので、ゼニカルを購入する際に余計な出費をすることがないのです。しかも、個人輸入を利用するとかなり安い価格で購入することが出来ます。先程、病院で処方された場合のゼニカル1錠あたりの相場は400円前後と言いましたが、個人輸入では1錠あたり150円から250円で購入することが出来るのです。診察料もかからないということなので、トータルで考えれば半分くらいの費用でゼニカルが手に入るのです。病院で処方される場合には量を自分自身で決めることはできなかったですが、個人輸入では欲しい分だけ購入できます。まとめて買った方が安くなるので、服用を長期間で考えている人は多めに購入しておくといいでしょう。

また、サービスや割引などもおこなっている期間があるので、そのタイミングで購入すればもっとお得に購入することが出来るでしょう。

おすすめの記事

ハンバーガーをドカ食いする男

太る原因はなに?

デブに戻らないよう太る原因を知りましょう!

オルリファスト

通販で薬を買おう!

オルリファスト(ゼニカルのジェネリック)の通販方法をご紹介!

ダイエットサプリについて考えている女性

話題のカーボブロッカーとは?

話題のダイエットサプリ「カーボブロッカー」の効果と通販方法をご紹介!

ストレッチする女子

健康的に痩せる方法

健康的に簡単にダイエットする方法をご紹介!