声を大にして言いたい!ゼニカルの凄さ

アルコールに注意

ダイエット中はお酒も気になるところですが、ゼニカルを飲んでいても、禁酒する必要はないですが、やはりゼニカルの効果をあげていくためには控えめにしておくのが得策です。
薬を使うとそれを分解するために肝臓に負担がかかりますが、アルコールも摂るとなると、その分解のためにさらに肝臓に負担がかかってしまいます。
肝臓への負担を減らすという意味でも、いつもより控えておいた方が良いといえるでしょう。
ゼニカルは食事の脂肪吸収を阻害しますが、お酒のカロリーは阻害しませんので、そのまま吸収されることを覚えておきましょう。
お酒を飲むと、お酒だけではなく、おつまみや料理も一緒に食べるので、アルコールは太りやすく、脂肪をためやすいです。
居酒屋メニューなどでは揚げ物、焼き鳥など脂っこいものが多いですし、お酒は夜飲むことが多いですから、お酒を摂取することはやはり太りやすい体を作ることにつながります。
それゆえにゼニカルを飲んでいるからと油断してカロリーオーバーになってしまうと、思うようなダイエット効果を得られなくなってしまいます。
ダイエット中はやはりできるだけお酒は控えていきたいですし、どうしても飲みたいときは最近はノンアルコール、ノンカロリーといった飲料販売されていますので、そうした商品で楽しんでみるのも良いでしょう。
ゼニカルは脂肪吸収を抑制する働きに限りますので、アルコールのカロリー分は吸収すると考えておきましょう。