声を大にして言いたい!ゼニカルの凄さ

効くからこその副作用

油分の多い便になるので、人によっては便やオナラの臭いがきつくなったり、非常にゆるくなってしまったりするので、注意が必要です。
こんなに食事で油分を摂取していたのか、と驚く利用者がほとんどです。
これにより、自然と脂っこいものを控えようという意識になり、食生活の改善につながることも多くあります。
このように安全で効果の高いゼニカルですが、利用にあたって他にも注意する点があります。
ダイエット医薬品と言っても薬なので、副作用や使用禁忌の人もいます。
胆のうに持病などがあり、脂肪分解能力が低下している人は、栄養失調に陥る場合があるので、使用しない方が良いでしょう。
また、消化不良ぎみな人、12歳以下の未成年者、ペースメーカーを使用している人、ホルモン治療を受けている人も同じく服用を避けた方が良いとされています。
また、配合成分や添加物にアレルギーがある人も注意が必要です。
さらに、医薬品であるため、妊娠中や授乳中の場合も他の薬と同じく、使用してはいけません。
ゼニカルは脂溶性ビタミンの吸収も一緒に阻害してしまうので、身体が一時的なビタミン不足となる可能性もあります。
総合的な栄養不足を補うため、不足するビタミンはサプリメントや野菜などで適度に摂取するようにしましょう。